【公式】ソレイユのファクタリングサービス

フリーダイヤル0120-623-624

電話でのご相談・お申込(平日10時~19時)

ファクタリングは製造業の資金調達に向いている!理由や注意点を解説

製造業を営むうえで、原材料の仕入れや外注費、人件費など毎月支払う固定費に頭を抱える経営者も少なくありません。
売掛金の回収サイクルが長い製造業では、代金を受け取るまでに資金繰りが悪化する場合も多くなります。
銀行から融資を受けようにも、入金スピードが遅く、出費の支払日に間に合わない場合もあるでしょう。
そこでおすすめなのが、売掛金を支払期日より早く現金化できるファクタリングです。
この記事では、ファクタリングが製造業におすすめな理由を、資金繰りが悪化する原因を踏まえたうえで解説します。
利用する前に確認しておきたい注意点も解説しますので、ぜひ最後までお読みください。

製造業で資金繰りが悪化する5つの原因

製造業では、下記が原因で資金繰りが悪化する場合があります。

• 外注費や材料費を先払いする必要がある
• 売掛金を回収するまで時間がかかる
• 固定費の支払いが多い
• 機械や設備の故障により想定外の出費が生じる
• 景気によって受注数が変動する
• 受注数が増えると支払いも増える

まずは、なぜ製造業は資金繰りが悪化しやすいのか5つの原因を見ていきましょう。

外注費や材料費を先払いする必要がある

製造業は商品を作る際にほかの業者へ外注したり、材料費を仕入れたりする場合、買掛金として処理するケースもありますが、基本的には代金を先払いしなくてはなりません。
受注してから製造を始めますが、外注費や原材料の仕入れ、人件費などさまざまな出費が発生します。
製造した商品を提供してから代金を受け取るまで時間があり、先に出費が発生することからキャッシュフローが悪くなる傾向にあります。
手元にある程度の資金がある状態で受注するのが基本的な流れであり、製造から販売まで約2〜3ヶ月かかるため、運転資金を確保しておく必要があります。

売掛金を回収するまで時間がかかる

製造業は、売掛金を回収するまでの期間(支払サイト)が2〜3ヶ月と長い傾向にあります。
掛取引では、取引相手と決めた支払サイトにもとづいて代金を受け取ります。
一般的な支払サイトは月末締め翌月払いで、売掛金は翌月末まで現金化できません。
支払サイトが長い製造業ですが、その期間にも原料費や人件費などの支払いが発生します。
1回の取引で生じた代金を受け取るまでに2〜3カ月程度かかる仕組み上、資金繰りが悪化しやすく、運転資金が尽きてしまう場合もあります。

固定費の支払いが多い

製造業は、商品を大量に製造するための工場や機器を用意・購入する必要があります。
作業をおこなう従業員も雇う必要がありますし、水道光熱費や仕入れ費なども毎月の固定費として発生します。
固定費の支払いが多いため、売上が下がると赤字になりやすい点が製造業の特徴です。
商品の数によって金額が変わる変動費より固定費の割合が多い製造業では、運転資金の不足にともない資金繰りが悪化してしまいます。

機械や設備の故障により想定外の出費が生じる

日々、大量の商品を製造している機械や設備ですが、突如故障してしまうケースも少なくありません。
特に、設備管理を怠ると小さな傷や不具合に気づかずに、機械や設備が壊れてしまう可能性があります。
機械や設備が故障すると売上を作るための商品を製造できませんし、修理費や新しいものを購入する費用が生じます。
機械や設備の故障は、生産性を大きく低下させるだけでなく、多額の出費を発生させてしまうのです。
その結果、手元の資金が不足してしまい、資金繰りが悪化するケースがあります。

景気によって受注数が変動する

製造業は、リーマンショックや新型コロナウイルス感染症の拡大など、景気の悪化による影響を非常に受けやすい業種です。
景気の悪化によって受注数が大幅に減少し、商品を販売できなくなってしまうと売上が下がります。
売上が下がっても毎月の固定費を支払わなければなりませんので、資金繰りが苦しくなるのです。
外的要因に売上が左右されやすい点は、製造業の特徴といえます。

受注数が増えると支払いも増える

製造業では、受注にともない商品を製造するための原材料の仕入れや外注など、支払いも増える仕組みです。
急激に受注数が増えたり、大型案件の依頼がきたりすると、従業員の増加にともなう人件費の出費も多くなってしまいます。
売上を上げるためには受注数を増やすことが大切ですが、運転資金がない状態で依頼を受けてしまうと資金繰りが悪化してしまう恐れがあります。
銀行から融資を受けようにも2週間〜1カ月程度かかるため、せっかく大型案件の依頼がきても運転資金の不足が原因で断らなくてはならない場合もあるでしょう。

ファクタリングが製造業の資金調達に向いている8つの理由

資金繰りが悪化しやすい製造業ですが、銀行の融資だと資金調達まで時間がかかるため、固定費や受注にともなう支払いに間に合わない場合があります。
そこでおすすめなのが、支払期日より先に売掛金を現金化できるファクタリングです。
ファクタリングが製造業の資金調達に向いている理由は下記の8つです。

• 売掛金を保有している場合が多い
• 自社の経営状況が悪くても利用できる
• 回収サイクルを短縮できる
• 機会損失を回避できる
• 返済する必要がない
• 担保や保証人が必要ない
• 取引先にバレずに資金調達できる
• 決算書や信用情報を傷付けない

それでは、順に見ていきましょう。

売掛金を保有している場合が多い

製造業では、商品を先に提供したのち、支払期日になったら代金を受け取る流れの掛取引が一般的です。
製造業を営む企業は売掛金を保有している場合が多いといえます。
したがって、製造業には売掛金を売却し資金を得るファクタリングが向いているサービスです。
国内には大量の売掛債権があると推測されており、経済産業省も売掛金を活用する資金調達方法を推奨しています。

自社の経営状況が悪くても利用できる

ファクタリングは、自社の経営状況に左右されにくい資金調達方法です。
銀行融資の場合、審査では利用者の返済能力を重要視しますが、ファクタリングでは売掛先の信用度を重要視します。
利用者が赤字経営や債務超過だと、銀行融資では返済能力の低さからお金を借りられない場合がほとんどです。
一方で、ファクタリングの場合、売掛先の経営状況さえ良好なら売掛金を回収できるため、利用者が経営難であっても利用できる場合が多いといえます。
資金繰りが悪化しやすい製造業では特に、自社の経営状況が悪くても利用できるファクタリングは活用しやすいサービスといえるでしょう。

回収サイクルを短縮できる

ファクタリングを活用すれば、支払サイトが2〜3ヶ月でも最短即日にまで代金の回収サイクルを短縮できます。
通常は売掛金を支払期日まで現金化できないため、その期間に運転資金が枯渇し、資金繰りが悪化する場合もあります。
資金力がない企業の場合、代金を回収するまでの期間に倒産してしまう可能性もあるでしょう。
そこでファクタリングを活用すれば、通常より早く代金を回収できるため、資金繰りを改善できます。

機会損失を回避できる

大型案件の依頼がきた場合、売上アップのチャンスではありますが、原材料費や外注費などを自社で支払う必要があるため、手元に資金がなければ受注できない場合もあるでしょう。
せっかくのチャンスを資金不足が原因で逃してしまうのは避けたいところです。
自社をさらに大きくさせるためにも、売上規模の大きい案件を積極的に受けたいと考える経営者も多いでしょう。
そこで、ファクタリングを利用すれば、最短即日で手元に現金を用意できるため、素早い意思決定を手助けします。
ベンチャー企業は特にスピード感が非常に大切で、一刻も早く事業を波に乗せなくてはなりません。
ほかの資金調達方法に比べて入金スピードが早いファクタリングは、機会損失の回避に役立ちます。

返済する必要がない

ファクタリングは、返済リスクがない点も大きな特徴です。
融資の場合、借入日から利息が発生し、期限までに返済しなければなりません。
返済期限が長くなるほど総額返済額が大きくなりますし、場合によっては返せない場合もあるかもしれません。
資金不足によって返済を滞納、もしくは債務整理をおこなうと、社会的信用度が低くなる恐れがあります。
取引先に支払トラブルを知られると、今後の取引に影響を与えるでしょう。
一方で、ファクタリングの場合は、借入ではないため返済義務が生じません。
2社間取引の場合は利用者が直接ファクタリング会社へ売掛金を送金する必要がありますが、3社間取引だと売掛先がファクタリング会社へ売掛金を送金する仕組みです。
ファクタリングだと毎月の返済が必要ない点は、固定費の支払いが多い製造業にとってお金を管理する手間が省け、精神的不安がないため大きなメリットといえます。

担保や保証人が必要ない

貸金業に該当しないファクタリングでは、利用時に担保や保証人を用意する必要がありません。
中小企業が銀行融資を受ける場合、通常は保有する不動産を担保にしたり、自身や家族が連帯保証人になったりしてお金を借ります。
一方で、ファクタリングには担保や保証人が必要ないため、面倒な手続きや準備がありません。
売掛先の信用度さえ問題なければ、ファクタリング会社は売掛金を回収できることから、利用者に対してのリスクヘッジは手数料や掛け目くらいとなります。
掛け目とは、保証金のようなもので、売却時に既定の割合を手数料と同時に差し引かれますが、売掛金の送金を確認したら戻ってくるお金です。

取引先にバレずに資金調達できる

3社間取引の場合は、取引先への通知や同意が必要なものの、2社間取引の場合は取引先がファクタリングの手続きに関与しません。
取引先にファクタリング利用がバレると、資金繰りが悪い点を不安に思い、今後の取引に悪影響を及ぼす場合もあります。
そのため、できることなら取引先にバレずに資金調達したいと考える経営者も多いのではないでしょうか。
取引先にバレずにファクタリングを利用するなら2社間取引を選びましょう。
ただし、2社間取引でも債権譲渡登記や債権譲渡通知が必要な場合だと、取引先にファクタリング利用がバレる可能性がありますので、契約時に確認することを忘れてはなりません。

決算書や信用情報を傷付けない

融資を受けると、借りた分だけ負債が増え、信用情報にも履歴が残ります。
一方で、借入ではないファクタリングは、利用しても負債は増えませんし、信用情報も傷付けません。
ファクタリングを利用するとオフバランス化を図れるので、経営状態を良好に見せることも可能です。
したがって、将来金融機関から多額の資金調達をしようか考えている場合や、M&Aで売却しようと考えている場合でもファクタリングだと悪影響がありません。

ファクタリングを製造業の資金調達に活用する2つの注意点

最後に、ファクタリングを製造業の資金調達として活用する際に覚えておきたい2つの注意点を紹介します。

• 複数のファクタリング会社を比較する
• 売掛金以上の資金は得られない

ひとつずつ見ていきましょう。

複数のファクタリング会社を比較する

ファクタリングの需要上昇にともない、国内には数多くのファクタリング会社が存在します。
ファクタリング会社によって、取引方法や対象者、手数料、入金スピード、買取限度額などが異なりますので複数の業者から相見積もりを取ることが大切です。
資金不足で焦り、適当に決めたファクタリング会社を利用すると、他社と比較して条件が悪く、後々後悔するかもしれません。
公式サイトで紹介している情報をもとに比較し、2〜3社ほどから相見積もりを取ると失敗しないファクタリング利用を実現できるでしょう。

売掛金以上の資金は得られない

融資の場合は、経営規模や信用度によって多額の資金を借りられますが、ファクタリングの場合は保有する売掛金以上の資金は得られません。
新しい機械や設備の導入に多額の資金を必要とする場合でも、売掛金の金額が調達したい金額より多くなければ期待どおりの資金調達は実現できません。
ただし、ひとつの売掛金が少なくても、複数の売掛金を合わせることでファクタリングでも多額の資金調達は可能です。
支払期日を過ぎていなければ、同じファクタリング会社へ複数の売掛金をまとめて売却できる点は覚えておきましょう。

まとめ:ファクタリングは製造業者を助ける便利なサービス

この記事では、製造業の資金繰りが悪化しやすい原因や、資金調達方法としてファクタリングが向いている理由を解説しました。
支払サイトが長く、毎月の固定費が多い製造業は資金繰りが悪化しやすい業種のひとつです。
ファクタリングなら、支払サイトが長くても支払期日前に売掛金を現金化できるため、資金繰り改善に役立ちます。
株式会社ソレイユでは、最短30分で入金できるオンライン完結型ファクタリングを提供しています。
手数料は1〜15%で、午後15時以降の申し込みにも対応しているため、時間がない方におすすめなファクタリングサービスです。
製造業の事業者でファクタリング利用を検討している方は、お気軽にお問合せください。

to top