【公式】ソレイユのファクタリングサービス

フリーダイヤル0120-623-624

電話でのご相談・お申込(平日10時~19時)

ファクタリング審査に通るコツとは?審査基準や注意点を詳しく解説

ファクタリングは比較的審査が緩く、利用しやすい資金調達方法です。
しかし、必ず審査に通るわけではないため、審査基準をしっかりと抑えておく必要があります。
業績が低い企業や個人事業主だと金融機関の融資を受けられない場合も多いですが、ファクタリングなら高い確率で利用可能です。
この記事では、ファクタリング審査に通るうえで知るべき審査基準やコツ、注意点を詳しく解説します。
手間をかけたくない人や、できるだけ早く手元にお金が欲しい人はぜひ最後までお読みください。

ファクタリングにおける3つの審査基準

ファクタリング審査では、下記の項目を確認し、売掛金を確実に回収できるかを判断します。

• 売掛先の信用度
• 売掛金の支払サイト
• 利用者の信用度

それでは、ファクタリングで審査に通るうえで欠かせない3つの審査基準を紹介します。

売掛先の信用度

売掛金を回収し利益を得るファクタリング会社にとって、売掛先の経営状態が良好であるか、どれくらいの事業規模であるかなどは確認する必要があります。
したがって、大企業や公的機関が売掛先の場合、倒産する可能性が非常に低く、売掛金を確実に回収できるため審査が有利になります。
一方で、売掛先が赤字経営であったり、風俗やギャンブルなど社会的信用度の低い業種だったりすると売掛金の未回収リスクが高まるため、審査が不利になるのです。
また、個人事業主が売掛先である場合、法人に比べて事業規模が小さく、信用度が低いため審査に通るのが難しくなります。

売掛金の支払サイト

売掛金がどれくらいで回収できるかも、ファクタリングの審査基準です。
売掛先と交わした契約に基づき、通常は締め日から1〜2か月で代金が支払われます。
支払期日前に売掛金を現金化できるファクタリングは、利用者にお金を渡してからファクタリング会社が売掛金を回収できるまで時差があります。
売掛金の支払サイトが長い分だけ、その期間に売掛先が経営難になるなど未回収リスクが高まるため、審査に通る可能性が低くなるでしょう。

利用者の信用度

利用者の信用度もファクタリング会社が確認する項目のひとつです。
手軽に利用できるファクタリングですが、利用者の態度が悪かったり、必要書類を期限までに提出しなかったりすると審査に落ちます。
オンライン完結型ファクタリングなら基本的に担当者と直接会う必要がありませんが、対面や訪問での契約時には、利用者自身も審査基準になっている点を意識しておきましょう。

ファクタリング審査の特徴

ファクタリング審査は、金融機関の融資と比較して特徴が異なります。
ファクタリング審査の特徴としては、下記の3つです。

• 売掛先が重要視される
• 担保や保証人が必要ない
• 審査完了までの時間が早い

ひとつずつ見ていきましょう。

売掛先が重要視される

自社が赤字経営であったり、債務超過であったりしても利用できる可能性があるのがファクタリングです。
なぜなら、ファクタリング審査では売掛先が重要視されるためです。
金融機関の融資では、利用者に返済能力があるかが重要視されるため、経営状況が悪いとお金を借りられません。
一方、ファクタリングは売掛先からお金を回収する仕組みのため、自社の経営状況に審査結果が左右されにくくなります。

担保や保証人が必要ない

融資ではないファクタリングには、担保や保証人が必要ありません。
不動産担保での借入が多い中小企業の銀行融資ですが、担保にできる不動産を所持していない場合も多いはずです。
また、経営者自身が連帯保証人となって融資を受ける場合が多い中小企業ですが、ファクタリングならリスクを負わずに資金を得られます。
なお、ファクタリングでありながら担保や保証人を要求したり、支払方法で分割払いに対応していたりする業者には注意してください。
担保や保証人、分割払いは貸金業であるため、偽装ファクタリングである可能性が高いといえます。
ファクタリング会社への支払方法は、原則として一括払いです。

審査完了までの時間が早い

ファクタリングは、審査完了まで時間が早く、素早い資金調達を実現できるサービスです。
金融機関から融資を受ける場合、多くの書類をもとに利用者が返済できるか時間をかけて調査します。
1か月以上かかる場合もある金融機関の融資に比べて、ファクタリングなら最短即日で審査が終わります。
必要書類も少なく、基本的には売掛金を証明できる書類や売掛先との取引を証明できる書類、利用者の身分を証明できる書類があれば利用可能です。
ファクタリング会社によって必要書類が異なりますので、事前に確認しておくとスムーズです。

ファクタリング審査に通る6つのコツ

審査が緩いファクタリングですが、全員が必ず利用できるわけではありません。
ファクタリング審査に通るには、下記のポイントを抑えておきましょう。

• 信用度の高い売掛先を選ぶ
• 支払サイトが短い売掛金を選ぶ
• 必要書類の準備を早めにおこなう
• 売上に合った買取希望額を提示する
• 独立系ファクタリング会社を利用する
• 誠実な対応を心がける

審査に落ちてしまうと時間と手間が無駄になってしまいます。
できるだけ審査通過率を高めるためにも、上記のポイントを意識しておくことが大切です。

信用度の高い売掛先を選ぶ

前述したとおり、ファクタリング審査では売掛先の信用度が重要視されます。
したがって、ファクタリングへ申し込む売掛先の選定は審査通過率を高めるうえで欠かせません。
倒産する可能性が低く、確実に売掛金を回収できる売掛先を選ぶのが無難です。
業種によっては、売掛先が個人である場合もあるでしょう。
個人が売掛先だと審査が不利になるため、もしも資金調達完了まで余裕があるなら金融機関の融資を受ける方が賢明といえるでしょう。

支払サイトが短い売掛金を選ぶ

支払サイトが短い売掛金を選ぶのも、ファクタリング審査に通るうえで大切なポイントです。
月末締め翌月末払いの場合、支払サイトは1カ月となりますが、業種によっては2~3カ月以上後に支払日がくる場合もあるでしょう。
支払日より前に現金化できるファクタリングですが、審査に通るうえでは未回収リスクをできるだけ下げた状態で申し込むべきです。
もし、支払サイトの長さが原因でファクタリング審査に落ちた場合には、別の売掛金で再度申し込んでみてください。

必要書類の準備を早めにおこなう

必要書類に不備があると審査に落ちてしまいます。
ファクタリング審査を通るために準備すべき書類としては、下記があります。

• 請求書
• 納品書
• 基本契約書
• 通帳
• 決算書
• 確定申告書
• 身分証明書

ファクタリング会社によっては、2〜3つの書類だけで審査に通る場合もあります。
なお、請求書や通帳のみではファクタリングを利用できませんので注意してください。

売上に合った買取希望額を提示する

売上から大きく外れた買取希望額を提示した場合、審査に落ちる可能性があります。
ファクタリングの上限限度額は業者によって異なり、数百万〜数億規模の取引が可能です。
下限限度額も数万円〜数百万円と業者によって異なりますので、自身が調達したい金額に対応しているか確認しておく必要があります。
保有している売掛債権の金額や数が少ない場合でも、複数の売掛金をまとめて売却することで多額の資金調達も実現できます。

独立系ファクタリング会社を利用する

ファクタリング会社には、銀行系・ノンバンク系・独立系と大きく3つあります。
なかでも、独立系ファクタリング会社は審査が緩く、入金スピードも当日〜1週間と早い点が特徴です。
銀行系やノンバンク系だと審査に1〜2週間程度かかる場合が多く、個人事業主だと審査に通る可能性が低くなります。
できるだけ早く手元にお金が欲しい場合や、個人事業主の方がファクタリングを利用するなら独立系ファクタリング会社がおすすめです。

誠実な対応を心がける

売掛先が重要視されるファクタリング審査ですが、利用者の信用度も確認されます。
必要書類の提出期限を過ぎたり、虚偽の申告をしたりすると審査に通りません。
取引方法によっては、利用者がファクタリング会社へ売掛金を送金する必要があるため、利用者が問題なくお金を支払うか確認するのです。
対面や訪問での契約でファクタリングを利用する場合は、身なりに気をつけて、誠実な対応を心がけてください。
なお、虚偽の申告をおこない、二重譲渡や不良債権で申し込むのは違法です。
二重譲渡とはひとつの売掛金を複数のファクタリング会社へ売却する行為で、不良債権とは回収不能になっている売掛金を指します。
二重譲渡や不良債権でのファクタリング利用は、ファクタリング会社が大きな損失を被るため、ばれた際には訴訟によって利用者が捕まる可能性もあります。
違法行為は必ずばれるため、絶対におこなわないよう注意してください。

ファクタリング審査に通るうえで覚えておきたい注意点

ファクタリングには、2社間取引と3社間取引があります。
3社間取引をおこなう場合、売掛先への通知や同意が必要です。
したがって、3社間取引だと売掛先が応じてくれないとファクタリングを利用できません。
売掛先にファクタリング利用を知られると、自社の経営状況を懸念され今後の取引に悪影響を及ぼす可能性があると考える人も少なくないでしょう。
売掛先にファクタリング利用を知られたくない場合は特に2社間取引を検討すべきです。

まとめ:ファクタリング審査に通るには事前準備が大切

この記事では、ファクタリング審査に通るコツを審査基準を踏まえたうえで解説しました。
ファクタリング会社は売掛金を回収して利益を得るビジネスモデルのため、利用者より売掛先の信用度を重要視します。
審査に通るためには、信用度の高い売掛先を選んだり、支払サイトが短い売掛金を選んだりする工夫が大切です。
なお、審査に落ちた場合、原因を教えてもらえないケースも多いため、何が悪かったのかを自身で考え、再度申し込んでみてください。
株式会社ソレイユは独立系ファクタリング会社で、オンライン完結型ファクタリングを提供しており、高い審査通過率を誇ります。
最短30分で利用でき、手数料率も1~15%と低いため、ファクタリング利用を検討している事業者様はぜひお気軽にご連絡ください。

to top