【公式】ソレイユのファクタリングサービス

フリーダイヤル0120-623-624

電話でのご相談・お申込(平日10時~19時)

ファクタリングを初めて利用する方でも安心!仕組みをわかりやすく解説

保有する売掛債権を売却し資金を得るファクタリングは、近年利用者が増えており、それにともないファクタリング会社も増えています。
資金繰りが苦しい場合、素早い資金調達を実現でき、比較的審査も緩いファクタリングを検討している方も少なくないでしょう。
とはいえ、初めてファクタリングを利用する場合は何かと不安に感じるかもしれません。
この記事では、ファクタリングを初めて利用する方でも安心できるように、仕組みや注意点、失敗しないためのコツを解説します。
手数料についても詳しく解説していますので、ぜひ最後までお読みください。

ファクタリングの仕組み

まずは、ファクタリングを初めて利用する方向けに仕組みを解説します。
初回取引でも安心して利用できるのがファクタリングで、最近ではオンライン上で手続きが完結するサービスが増えています。
ファクタリングの基礎知識を理解したうえで、失敗しないためのコツや注意点を確認していきましょう。

ファクタリングとは簡単に言うと売掛債権の売買

ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング会社に売却し、支払期日前に現金化する方法です。
売掛債権とは、売掛先へ商品やサービスを納品し、売上代金がある状態で、未払い分のお金を請求できる権利を意味します。
商取引では、掛取引をおこなうのが一般的で、代金は後払いとなります。
通常、支払期日が来るまで売掛債権は現金化できませんが、ファクタリングを利用するとファクタリング会社を経由して支払期日より早く現金を得ることが可能です。
ファクタリングで売却できる売掛債権としては、売掛金を証明できる書類(請求書・発注書・納品書など)です。
ファクタリング会社によっては、売掛先と締結した基本契約書でも買い取ってもらえる場合があります。

2社間取引と3社間取引の違い

2社間取引とはファクタリング利用者とファクタリング会社で債権売買する方法で、3社間取引だと売掛先も加わってきます。
3社間取引をおこなうには売掛先へ通知を送ったり、同意を得たりする必要があり、2社間取引より資金調達まで時間がかかります。
2社間取引の場合は最短即日〜3営業日ほどで資金調達できますが、3社間取引の場合には1週間ほど時間がかかるケースが多いでしょう。
ただし、2社間取引に比べて3社間取引の手数料は安い傾向にあります。
ファクタリングを初めて利用する方は、どちらの取引方法が自分に向いているかよく考える必要があります。

一般的なファクタリング以外のサービスとは?

資金調達を目的としたサービスは買取型であり、一般的なファクタリングは買取型を指します。
ただし、ファクタリングには買取型以外にも下記のようなサービスがあるため、初めて利用する方は間違えないように注意してください。

• 保証型ファクタリング
• 一括ファクタリング
• 診療報酬債権ファクタリング
• 将来債権ファクタリング
• 国際ファクタリング

多くのファクタリング会社では買取型のみに対応していますが、大手企業や金融機関が運営している場合には、上記のサービスを提供しているケースがあります。

ファクタリングを初めて利用する際に覚えておきたい手数料の知識

ファクタリングを初めて利用する際に覚えておきたいのが手数料に関する知識です。
ここでは、ファクタリングで手数料が発生する理由や、手数料の相場、手数料が決まる判断材料を解説します。

手数料が発生する理由

ファクタリングで手数料が発生する理由は、ファクタリング会社が利益を得るためと未回収リスクを軽減するためです。
ファクタリングは融資のように利息を払う必要はありませんが、代わりに手数料が発生します。
手数料は売却額から差し引かれるため、特に直接ファクタリング会社へ支払う手間はありません。
ファクタリング利用で生じた手数料は、ファクタリング会社の利益となります。
たとえば、100万円の売掛債権を手数料率10%で買い取った場合、10万円がファクタリング会社の利益となり、残りの90万円を現金として利用者が受け取れます。
加えて、ファクタリング会社はあとから売掛金を回収するため、未回収リスクに備える必要があるのです。
売掛金を回収できなかった場合に備えて、先に手数料を差し引いておく仕組みです。

手数料の相場

ファクタリング手数料の相場は、2社間取引が10〜20%、3社間取引が2〜9%程度です。
2社間取引は3社間取引に比べて、ファクタリング会社が抱える未回収リスクが高まるため、手数料が高めに設定してあるのです。
ファクタリング手数料は、消費者金融やクレジットカード会社のキャッシングの年利のように、各業者によって異なります。
消費者金融やクレジットカード会社は貸金業のため、貸金業法や利息制限法によって上限金利が決まっているため、ある程度年利は同じように設定してあります。
一方で、ファクタリングは事業者を規制する法律がないため、各ファクタリング会社によって手数料が大きく異なる場合もあるでしょう。
とはいえ、手数料の相場はある程度決まっているので、初めてファクタリングを利用する方は特に高額な手数料に設定している業者には気をつけてください。

手数料が決まる判断材料

ファクタリング会社が手数料を決める主な判断材料は下記の5点です。

• 売掛先の信用度
• 売掛金の金額
• 支払サイト
• 利用回数
• 利用者の信用度

上記のなかでも、特に売掛先の信用度は審査に通過するうえで非常に重要なポイントです。
売掛先の信用度が低いと、確実に売掛金を回収できないとファクタリング会社は判断します。
逆に売掛先の信用度が高ければ、未回収リスクが低くなるため、手数料が安くなりやすいです。
ほかにも、売掛金の金額が高くなるほど、ファクタリング会社の利益が多くなるため、利用してもらうために手数料を安くする傾向にあります。
売掛金の未回収リスクがどれくらいかでファクタリング手数料は変わってきます。

ファクタリングを初めて利用する際の注意点4つ

ファクタリングを初めて利用する際には、下記の点に注意してください。

• 審査後にしか手数料がわからない
• 初回取引では審査が厳しめ
• 手数料が高くなる傾向にある
• 利用後は一括送金が必要

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

審査後にしか手数料がわからない

ファクタリング手数料は審査後にしかわからない仕組みです。
したがって、利用したいファクタリングでどれくらい手数料がかかるのか正確な数値を算出するには、一度申し込みしなくてはなりません。
とはいえ、初めてファクタリングを利用するなら複数のファクタリング会社から相見積もりを取るべきです。
1度相見積もりを取れば、どのファクタリング会社の条件が良いか判断できるため、2度目以降の利用がスムーズになります。
見積もり結果に納得できなければ契約する必要はないため、まずは申し込んでみることから始めてみてください。

初回取引では審査が厳しめ

ファクタリングは、ほかの資金調達に比べて審査が緩いサービスです。
ただし、初回取引の場合は継続取引より審査が厳しめになります。
利用者のなかには、売掛先と手を組んで計画倒産によって売掛金の支払いをおこなわなかったり、二重譲渡によってお金をだまし取る人も存在します。
ファクタリング会社は、少しでも詐欺被害を防止するために、関係性を築けていない初回利用者に対してはリスクヘッジとして通常より審査を厳しくする傾向にあるのです。

手数料が高くなる傾向にある

初回取引では、リスクを高めに見積もるため、手数料が高くなる傾向にあります。
2回目以降の取引なら、確実に売掛金をファクタリング会社へ送金した実績が残っているため、ファクタリング会社は通常のリスクを設定できます。
しかし、取引実績がない利用者に対しては、未回収リスクに備えた対策が必要なのです。
初回取引では、債権譲渡登記が必要になる場合が多いといえます。
債権譲渡登記とは、売掛債権の債権者がファクタリング会社へ移ったことを証明するものです。
仮に売掛金が未回収となった場合、債権譲渡登記を用いてファクタリング会社は売掛債権の債権者であることを主張できます。
利用者とファクタリング会社で取引する2社間取引では、債権譲渡登記を請求するファクタリング会社も少なくありません。
債権譲渡登記には10万円ほどかかるため、初回取引では特に手数料が高くなるのです。

利用後は一括送金が必要

ファクタリングは融資のような、分割払いができません。
貸金業に該当しないファクタリングでは、原則としてファクタリング会社への送金は一括払いとなります。
2社間取引の場合、売掛債権を売却しお金を受け取ったあと、通常の支払期日で受けとった売掛金をそのままファクタリング会社へ送金しなければなりません。
したがって、2社間取引を利用した際には、売掛先から受け取ったお金には手を付けないようにしましょう。
なお、分割払いに対応しているファクタリング会社がいるかもしれませんが、その場合は違法業者といえます。
分割払いは貸金業のみ可能なため、ファクタリングでは違法行為となるためです。

初めてのファクタリングを失敗しないためのコツ5つ

最後に、初めてのファクタリングを失敗しないために押さえておくべき6つのコツを紹介します。

• 必要書類に不備がないように準備しておく
• 担当者のヒアリングには丁寧に応答する
• 信用度の高い売掛先を選ぶ
• 契約書の控えを保管しておく
• 期待しすぎない

それでは、順に見ていきましょう。

必要書類に不備がないように準備しておく

ファクタリングの必要書類は金融機関の融資に比べて比較的少ないものの、不備があると審査に落ちてしまいます。
基本的には、売掛金を証明できる書類(請求書・納品書・発注書)、身分証明書、表紙付きの通帳のコピー(直近3〜6か月分)などで申し込み可能です。
法人の場合は登記簿謄本、個人事業主の場合には確定申告書が必要な場合もあります。
ファクタリング会社によって必要書類が異なりますので、即日利用を目的とするなら特に早めに準備しておきましょう。

担当者のヒアリングには丁寧に応答する

ファクタリングは、公式サイトから電話や問い合わせフォームで申し込む場合が一般的です。
申し込みすると、担当者から電話やメールが届き、法人・個人どちらか、買取希望額はいくらか、いつまでに資金を得たいかなどを聞かれます。
加えて、利用する理由や、業種などを聞かれる場合もありますので、担当者のヒアリングには丁寧に応答するようにしましょう。
売掛先の信用度を重要視するファクタリングですが、初回取引では特に利用者の対応も審査基準として見られています。
初めて利用する際は緊張するかもしれませんが、誠実な対応を心掛け、わからないことは気軽に担当者へ尋ねてみてください。

信用度の高い売掛先を選ぶ

初回取引でファクタリング利用を実現するには、信用度の高い売掛先を選ぶべきです。
ホームページにて会社の概要を公表しており、事業規模もある程度大きい売掛先だと審査に通りやすくなります。
特に大企業や公的機関の売掛債権なら、初回取引でも高い確率で審査に通るはずです。
一方で、売掛先が社会的信用度の低い業種であったり、個人事業主であったりすると審査に落ちるでしょう。
利用者が個人事業主であっても問題ないファクタリング会社は存在するものの、売掛先が個人事業主だと大半のファクタリング会社では利用を断られてしまいます。

契約書の控えを保管しておく

契約書の内容を細かく確認するのも大切ですが、控えをしっかりともらうことも忘れてはなりません。
クラウドサインによる契約ならPDFにより自身で控えを保管できますが、対面や訪問による契約だと印紙税を節約するために控えを作成しないファクタリング会社も存在します。
契約書の控えはトラブルが生じた際に自身を守ることが可能ですので、初めてファクタリングを利用する方は特に控えを必ずもらい、大切に保管しておきましょう。

期待しすぎない

初回取引では思っていたより条件が悪いケースも少なくありません。
たとえば、明日までに支払うべき請求があり、今日までに資金調達したいと考えファクタリングを申し込んでも必ずしも利用できるとは限りません。
利用できたとしても、想定より手数料が高かったり、買取額が低かったり、入金スピードが遅かったりする場合もあるかもしれません。
初回取引で失敗したと感じないためにも、過度な期待はせず、あくまで短期的な利用としてファクタリングを申し込んでみてください。

まとめ:ファクタリングを初めて利用するならオンライン完結型がおすすめ

この記事では、ファクタリングを初めて利用する方向けに、仕組みや注意点、失敗しないためのコツを解説しました。
ファクタリングは経済産業省も推奨しているサービスですが、融資に比べて認知度が高くありません。
資金調達までの早さや、審査しやすい点は知っていても、仕組みまでは詳しく理解していない方も少なくないでしょう。
ファクタリングの初回取引を成功させるためには、複数のファクタリング会社から相見積もりを取り、信頼できる業者を見つけることが大切です。
株式会社ソレイユでは、オンライン完結型ファクタリングを提供しており、手数料1~15%と上限も明確に公表しています。
入金スピードは最短30分と非常に素早い利用が可能ですので、初めてファクタリングを利用する方はぜひ1度、見積もりを取ってみてください。

to top