【公式】ソレイユのファクタリングサービス

フリーダイヤル0120-623-624

電話でのご相談・お申込(平日10時~19時)

ファクタリングは当日利用できるサービス!話題のオンライン完結型とは?

支払期限が迫っており、今すぐにでも手元にお金が欲しいと考えている方はいませんか?
ファクタリングなら当日利用が可能で、支払期日前に売掛金を現金化できます。
金融機関からお金を借りようとしても、必要書類の準備に時間がかかったり、審査に落ちてしまったり、信用情報を傷つけたりしますが、ファクタリングなら問題ありません。
ただし、当日利用するにはいくつかの注意点があるため、事前に確認しておく必要があります。
この記事では、ファクタリングを当日利用する利便性に加えて、話題のオンライン完結型ファクタリングのメリット・デメリット、流れを解説します。
少しでも早くお金を得たい人は、ぜひ参考にしてみてください。

ファクタリングなら申し込みした当日にお金を得られる

金融機関から融資を受ける場合、入金まで1カ月以上かかる場合も珍しくありません。
支払日までの間、資金繰りが苦しくなり、支払うべき費用が支払えない状態に陥る可能性もあるでしょう。
ファクタリングなら、最短当日での資金調達が可能です。
ただし、すべてのファクタリングサービスが当日入金に対応しているわけではありません。
基本的に当日入金を希望するなら2社間取引を利用し、3社間取引は売掛先への通知や同意が必要なため1週間ほどかかる場合が多くなります。

ファクタリングで当日入金をおこなう利便性

ファクタリングで当日入金をおこなう利便性としては、下記の4つがあります。

• 支払期限に間に合う
• 機会損失をしない
• 返済する必要がない
• 保証人や担保がいらない

それでは、ファクタリングの利便性をそれぞれ解説します。

支払期限に間に合う

家賃や人件費などの固定費、税金や社会保険料、買掛金や外注費などの支払期限が迫っている場合、資金不足で支払えないときはファクタリングがおすすめです。
当日入金に対応しているファクタリングを利用すれば、期限内での支払いが可能です。
従業員の給与を支払えないと不満から退職者が増えますし、買掛金や外注費を支払えないと取引先の信用を失います。
税金や社会保険料の支払いは法律によって定められているため、必ず支払わないといけません。
そこで、手元にお金がない状態で支払期限が迫っている場合には、当日入金が可能なファクタリングを利用してみてください。

機会損失をしない

事業を営むなかで、大型案件の話が突然舞い込んでくる場合もあるかもしれません。
建設業で大規模な工事を受注したり、IT業でアプリ開発をしたりする場合、数億円規模のお金が必要になります。
金融機関から融資を受ける場合、さまざまな書類を準備する必要がありますし、審査に落ちる可能性もあるでしょう。
資金不足によって大型案件を受注できず、機会損失をしてしまうと後悔が残ってしまいます。
そこで、ファクタリングを利用すれば、支払期日前に売掛金を現金化し、取引先から話があった当日にでも資金を確保でき、経営規模の成長を加速できる可能性があります。

返済する必要がない

融資は借金ですので、当然ながら返済義務が生じます。
一方で、ファクタリングは売掛債権の売買ですので融資ではなく、返済する必要もありません。
なお、取引先から受け取った売掛金をファクタリング会社へ支払う義務はあります。
取引先が仮に倒産し売掛金を回収できなくなっても、基本的に利用者が弁済する必要はありません。
償還請求権がない契約なら貸倒リスクを利用者が負わなくても良い点もファクタリングの特徴です。
ただし、償還請求権がある契約の場合、貸倒リスクは利用者が負う必要があるため注意してください。

保証人や担保がいらない

銀行から融資を受ける際、保証人や担保を要求される場合が多いでしょう。
保証人や担保の準備には時間がかかり、返済できない場合のリスクを負う必要があります。
経営者自身が連帯保証人になる場合が多いですが、家族や友人が保証人ならお金を返せなくなると大きな迷惑をかけてしまいます。
一方で、ファクタリングには保証人や担保がいらないため、融資のようなリスクがありません。
当日利用したい場合に保証人や担保を準備しなくても良い点は、ファクタリングの強みといえます。

ファクタリングを当日に利用するためのポイント

申し込んだ当日に利用できるファクタリングですが、必ずしも即日入金を実現できるわけではありません。
ファクタリングを当日に利用し、即日入金を受けるには下記のポイントを抑えておきましょう。

• 入金スピードが早い業者を選ぶ
• 必要書類を揃えておく
• 午前中に申し込む
• オンライン完結型ファクタリングを利用する

それでは、ひとつずつ解説します。

入金スピードが早い業者を選ぶ

売掛金を現金化できるスピードは、ファクタリング会社によって異なります。
当日入金を謳っている場合でも、数分〜数時間と入金スピードにはバラつきがありますので注意してください。
2社間取引なら最短即日〜3日程度、3社間取引なら1週間程度で売掛金を現金化できます。
一刻も早くお金を得たいなら2社間取引を利用してみてください。
なお、2社間取引は3社間取引に比べてファクタリング会社の負う未回収リスクが高まるため、手数料が割高です。
資金を得るまで余裕がある場合には、3社間取引に対応しているファクタリング会社を利用すべきでしょう。

必要書類を揃えておく

ファクタリング利用で時間がかかるのが審査時です。
本当に存在する売掛債権か、売掛先の経営状況は良好かなどを審査では確認します。
ファクタリングの審査で必要な書類としては、下記があります。

• 身分証明書
• 通帳
• 売掛債権を証明する書類(請求書・納品書・発注書など)
• 基本契約書
• 登記簿謄本(法人)
• 決算書(法人)
• 確定申告書(個人事業主)

必要書類に不備があると、当日利用ができませんので、どんな書類を準備・提出すべきかは事前に確認しておきましょう。

午前中に申し込む

ファクタリングの申し込みが遅いと、当日の利用ができない場合があります。
なぜなら、各銀行やファクタリング会社によって対応している時間が異なるためです。
午後に申し込むと営業時間外となり、翌営業日での振り込みとなる可能性があります。
当日に審査から入金まで終わらせたいなら、午前中の申し込みがおすすめです。

オンライン完結型ファクタリングを利用する

オンライン完結型ファクタリングとは、審査から入金までの手続きがすべてWeb上で終わるサービスで、対面型や訪問型のファクタリングよりスピーディーに利用できます。
近年では、オンライン完結型ファクタリングを提供しているファクタリング会社が増えて来ました。
オンライン完結型ファクタリングなら、入金スピードが早く、当日入金が可能なため、手間や時間をかけたくない人におすすめです。

オンライン完結型ファクタリングを当日利用するメリット

需要が高まっているオンライン完結型ファクタリングには、下記のようなメリットがあります。

• 事務所にいく必要がない
• 手数料が安い

それでは、オンライン完結型ファクタリングを当日利用するメリットを2つ紹介します。

事務所にいく必要がない

名前の通り、オンライン完結型ファクタリングはオンライン上で手続きが完結するサービスです。
ファクタリング会社の多くは首都圏に事務所を構えているため、地方の方だと利用しにくい特徴があります。
ファクタリング会社によっては、全国に支店があったり、訪問サービスをおこなっていたりする場合もありますが、オンライン完結型なら事務所にいく必要がありません。
そのため、近くにファクタリング会社がない方や、首都圏にあるファクタリング会社を利用したい方でも気軽に利用できます。
事務所まで出向く必要がないため、交通費が発生しませんし、時間もかかりません。
また、24時間365日申し込みを受け付けているため、祝日や深夜など自分の好きなタイミングで申し込める点も特徴です。

手数料が安い

オンライン完結型ファクタリングは、対面型や訪問型に比べて手数料が安い傾向にあります。
なぜなら、担当者を用意する必要がないため人件費を削減できますし、利用者のもとへ出向く必要がないため交通費を削減できるためです。
また、全国に支店を構える必要がないため、大幅なコスト削減が可能な仕組みとなっています。
余計なコストを削減できるため、利用者の手数料を安く設定しています。
2社間取引の場合が多いオンライン完結型ファクタリングですが、対面や訪問での2社間取引に比べて手数料が安いため、より多くのお金を得ることが可能です。

オンライン完結型ファクタリングを当日利用するデメリット

一方で、オンライン完結型ファクタリングを当日利用するなら下記のデメリットも理解しておく必要があります。

• 3社間取引に対応していない
• 面談が必要な場合もある

メリット・デメリットを踏まえたうえで、オンライン完結型ファクタリングを利用するか検討してみてください。

3社間取引に対応していない

オンライン完結型ファクタリングでは基本的に2社間取引をおこない、3社間取引には対応していない場合が多くなります。
3社間取引は2社間取引に比べて手数料が安いため、利用したいと考える方もなかにはいるでしょう。
また、3社間取引ならファクタリング会社からお金を受け取った段階で利用者の手続きは完了します。
一方で、2社間取引の場合、入金後にも取引先から受け取った売掛金をファクタリング会社へ送金する必要があります。
とはいえ、通常の2社間取引に比べて手数料が安いオンライン完結型ファクタリングは、手続きの手間もかからないため、3社間取引の非対応が大きなデメリットにはなりません。

面談が必要な場合もある

基本的にWeb上で手続きが完結するオンライン完結型ファクタリングですが、なかには面談が必要な場合もあります。
面談が必要な場合、ファクタリング会社は審査時に利用者を直接確認したいと考えています。
面談なしで当日利用がしたいなら、申し込み時や担当者から連絡がきた際に確認しておくと安心です。

オンライン完結型ファクタリングを当日利用する際の流れ

オンライン完結型ファクタリングを当日利用する際の大まかな流れは下記のとおりです。

1. オンライン完結型ファクタリングに申し込む
2. 必要書類を提出する
3. 審査を受ける
4. 契約する
5. 入金を受ける
6. ファクタリング会社へ送金する

まずは、オンライン完結型に対応しているファクタリング会社に申し込みます。
申し込みは24時間365日可能ですが、当日利用したい場合には営業日かつ午前中に申し込んでみてください。
申し込み時には、会社名(屋号)・代表者名・電話番号・メールアドレス・お問い合わせ内容などの情報を記入します。
必要書類を提出し、審査を受けると買取手数料や買取額の見積もりをもらいます。
審査結果に納得できれば、契約を結び、当日に入金を受けましょう。
その後、ファクタリング会社へ取引先から受け取ったお金を送金すれば手続きが完了します。

まとめ:ファクタリングで当日に資金調達するならオンライン完結型がおすすめ

この記事では、ファクタリングを当日利用する利便性や、オンライン完結型ファクタリングのメリット・デメリット、流れを解説しました。
素早い資金調達が可能な点が魅力なファクタリングですが、特にオンライン完結型なら当日入金も実現できます。
対面型や訪問型に比べて手続きに時間と手間がかかりませんし、手数料も通常の2社間取引に比べて安い傾向にあります。
期限が迫っている支払いなどがある際は、当日利用が可能なオンライン完結型ファクタリングがおすすめです。
株式会社ソレイユでは、オンライン完結型ファクタリングを提供しており、15時以降の入金にも対応しています。
買取手数料1〜15%、入金スピード最短30分と当日にファクタリングを利用したい方でも安心です。
オンライン査定を実施していますので、まずはお気軽にご相談ください。

to top