【公式】ソレイユのファクタリングサービス

フリーダイヤル0120-623-624

電話でのご相談・お申込(平日10時~19時)

ファクタリングの査定で見られる要素とは?必要書類や意識すべきポイントを紹介

手元にお金を用意しないといけないが、金融機関の融資を受けられない方や審査までに時間がかかる点を懸念している方はいませんか?
ファクタリングなら、最短即日で査定から入金までを終わらせることが可能なため、一刻も早くお金を得たい方におすすめです。
とはいえ、ファクタリングの審査基準を知らない人も少なくないでしょう。
この記事では、ファクタリングの査定を有利にするために押さえるべき審査基準や必要書類、意識すべきポイントを解説します。
ファクタリングの利用を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ファクタリング手数料を査定する3つの要素

ファクタリング手数料は、下記の要素をもとにファクタリング会社が査定します。

• 売掛先の信用度が高いか
• 売掛金の回収までに時間がかかるか
• 過去にファクタリングを取引しているか

それでは、ひとつずつ解説します。

売掛先の信用度が高いか

ファクタリングの査定時には、売掛先の信用度が高いかどうかを重点的に調査します。
倒産リスクが高い売掛先だとファクタリングの審査に落ちてしまったり、手数料が高くなってしまったりします。
一方で、資本金数百億〜数千億円規模の大手企業や公的機関などの倒産リスクが極めて低い売掛先だとファクタリングの査定では有利となり、手数料が低くなる傾向にあるのです。
少しでもファクタリングの手数料を抑えたい場合には、信用度が高く、確実に売掛金を回収できるような売掛先を選びましょう。

売掛金の回収までに時間がかかるか

売掛金を回収できるまでにかかる時間も、ファクタリングの査定ではポイントとなります。
回収サイクルが長い分だけ、ファクタリング会社が売掛金を受け取るまでの貸倒リスクが高まります。
したがって、査定時に貸倒リスクを考慮して手数料を高く見積もるのです。
通常、掛け取引では1〜2カ月の支払サイトで売掛先と取引・契約します。
ただし、業種によっては3〜4カ月後に代金を受け取る場合もあるでしょう。
ファクタリングの査定結果に満足いかない場合や、審査に落ちてしまった場合には回収サイクルが短い売掛金で再度申し込んでみてください。

過去にファクタリングを取引しているか

ファクタリングの取引実績も、ファクタリングの査定結果には関係してきます。
過去にファクタリングを利用したことがある場合、ファクタリング会社からすると安心して取引できます。
なぜなら、ファクタリング会社は売掛金の未回収リスクを懸念しているためです。
何度かファクタリングを利用している場合、未経験者に比べて取引の流れを把握していますし、売掛先との取引関係も良好であるといえるでしょう。
クレジットカードの作成時も同様で、これまでにお金を借りたことがない人を俗に「スーパーホワイト」といい、審査が不利になってしまう可能性があります。
初めてファクタリングを利用する人でも審査には通りますが、査定を有利にする要素には取引実績も関係するのです。

ファクタリングの査定時に必要な書類

ファクタリングで査定を受ける場合、いくつかの書類が必要となります。
ファクタリング会社によって異なりますが、ここでは代表的な必要書類を見ていきましょう。

審査時に必要な書類

審査時には、下記のような書類が必要です。

• 本人確認書類(運転免許証・マイナンバー・パスポートなど)
• 通帳
• 売掛金に関する書類(請求書・納品書・見積書・基本契約書など)
• 決算書(法人)
• 確定申告書(個人)

上記のような、利用者や売掛先、売掛金を確認できる書類の提出が必要です。
なかには、通帳や請求書のみで利用できないのか疑問に思う人もいるかもしれません。
しかし、通帳や請求書のみではファクタリングで査定を受けることができませんので注意してください。

契約時に必要な書類

契約時には、下記のような書類が必要です。

• 登記簿謄本
• 印鑑証明書
• 納税証明書

なお、ファクタリングは税金を滞納している場合でも利用できる可能性があるサービスです。
融資とは異なり、ファクタリングは信用情報を確認した審査はおこないません。
したがって、税金滞納や赤字経営、債務超過であっても、売掛先や売掛金にさえ問題がなければ利用できる可能性があります。

ファクタリングの査定時に意識すべきポイント

ファクタリングで査定を受ける際には、下記のポイントを意識してください。

• 相見積もりを取る
• 必要書類を確認する
• 買取限度額を確認する
• 諸費用を確認する
• 入金スピードを確認する

それでは、ひとつずつ解説します。

相見積もりを取る

一口にファクタリングといっても、各業者によって取り扱っているサービス内容が異なります。
2社間取引と3社間取引のどちらを取り扱っているのかで、手数料や売掛先との取引に与える影響が異なるため、確認しておきましょう。
素早く資金調達したい場合や、売掛先にファクタリングの利用を知られたくない場合には2社間取引、少しでも手数料を抑えたい場合や、売掛先との関係が良好でファクタリングの利用を知られても問題ない場合には3社間取引を検討してみてください。
ファクタリングの査定を受け、実際に手数料が判明するのは審査後です。
審査を受けるだけなら複数のファクタリング会社に申し込みしても問題ありませんので、まずは相見積もりを取ってみましょう。

必要書類を確認する

ファクタリングの審査を受ける際に提出すべき書類に不備があると、正確な査定結果が分かりません。
必要書類に不備があった場合、審査に落ちてしまうため、再度申し込みする必要があります。
スムーズに査定・審査を受けるためにも、利用したいファクタリング会社ではどんな書類を提出する必要があるのか事前に確認しておきましょう。

買取限度額を確認する

ファクタリング会社によって買取限度額が異なるため、調達したい金額に対応しているか必ず確認しましょう。
特に個人事業主の場合、保有する売掛金の金額が少ないケースも多いでしょう。
買取限度額が100万円〜のファクタリング会社も存在しますが、少額取引がしたいなら買取下限額が低い業者を選ぶべきです。
また、買取上限額の確認を忘れてはなりません。
金融機関のような大型の取引が可能な点もファクタリングの特徴です。
ファクタリング会社によっては、数億円規模の買取も実施していますので、多額の資金を調達したい場合には買取上限額も確認しておきましょう。

諸費用を確認する

ファクタリングの利用には、基本的には買取時に手数料がかかります。
ただし、ファクタリング会社によっては手数料とは別に諸費用を設けている場合もあります。
審査手数料や事務手数料が買取時の手数料に含まれていない場合、別途で発生する可能性もあるため注意してください。
債権譲渡登記が必要な場合、登記費用も発生しますが、自身で手続きすれば費用を抑えることが可能です。
諸費用の有無も、ファクタリングの査定時に確認すべきポイントといえます。

入金スピードを確認する

ファクタリングは、素早い資金調達を実現できる点がほかの資金調達より優れているサービスです。
したがって、一刻も早く保有する売掛金を現金化したいと考える人も多いでしょう。
入金スピードはファクタリング会社によって異なるため、査定を受ける際には確認しておきましょう。
基本的には、2社間取引が当日〜5日程度、3社間取引が1週間程度の査定を受けてから入金されるまで時間がかかります。
オンライン完結型のファクタリングなら、当日に査定から入金までを終わらせることも可能です。
入金スピードを重要視するなら、オンライン完結型のファクタリングを検討してみてください。

まとめ:ファクタリングの査定を有利にするには業者選びが大切

この記事では、ファクタリングの査定を有利にするために押さえるべき審査基準や必要書類、意識すべきポイントを解説しました。
ファクタリングの査定時には、売掛先や売掛金、利用者を確認して、手数料や買取金額が決まります。
高額査定かつ低手数料を実現するには、業者選びが非常に大切です。
オンライン完結型のファクタリングなら、Web上で査定から入金までの手続きがすべて完結するため、手間や時間をかけたくない方におすすめといえます。
株式会社ソレイユでは、オンライン査定を実施しており、査定から入金までがすべてWeb上で完了します。
買取手数料は1%~、入金スピードは30分~で、10万円~1億円の取引が可能です。
ファクタリング会社で査定を受けようか迷っている方は、ぜひソレイユへご相談ください。

to top